Medical record

数週間前に子供達宛に自宅に届いた肺炎球菌とHibワクチンの予防接種券。
アニカは日本で受けるべき予防接種以上の物をアメリカで済ましていて、帰国してから受けなくてはいけなかったのはBCGのみ。
リイチは渡航前に必要な物は受けていたし、カナダでもアメリカでもその年齢に必要防接種はしてもらっていました。
あちらは、学校へ入る時に予防接種証明書が必要です。

上の二つも打ってあるだろうなと思いながらも、無料接種5歳というタイムリミットがせまっているので一応確認しなくちゃなぁと思いつつ、時間は流れてるところ 笑

重い腰を上げてようやく、アメリカのかかりつけ小児科でもらっておいたメディカルレコードを見ました。彼らが通っていた小児科は電子カルテだったので、記録もDVDでもらっていました。

・・・今更ながら見てビックリ。
毎回の健診はもちろん、病気やけがでかかった時の記録、私が先生や看護婦さんに話したこと、先生が私に話してくれたこと、ものすごい克明に記録されていました。
一度だけ、私が風邪をひいてしまい、夫が二人を健診と予防接種に連れて行ってくれたのですが、その日の記録はちゃんの「父親が連れてきた」と書いてあります。

アニカの救急車騒ぎの時も1分単位で処理した内容、先生と救急病院の先生の電話の内容、夫が到着した時間、救急車が出発した時間、救急病院での処理内容が書かれていて、そのデータの膨大なこと。
さすが訴訟国家。

滞在1年半、アニカにいたっては生まれてから1年しかアメリカにはいないのに私の記憶以上に通院していて、そりゃ私も病院慣れするわ~って感じ 笑
風邪引いたリイチをクリニックに連れていくのすらブログに載せるほどの一大事だった3年前に比べて、成長したな~ 私><

カナダは医者不足と私の語学力不足でいい思いをしなかった病院だけど、アメリカはいい先生にも病院にも恵まれて、幸いでした。

私の産婦人科の記録ももらってますが、それはカルテをコピーした原始的な物。
コピーが薄いし、読めない独特のアルファベットが並んでいて読めないものの方が多いです。。。。。

いやぁ 久々に大量の英文を見て、知恵熱出そうです 笑
[PR]
by SHAKEHANDS_2006 | 2011-02-18 16:39 | USA

Nana's daily journal


by SHAKEHANDS_2006
プロフィールを見る
画像一覧