孫詣での日々

昨日、いつもの様に受話器(本物)で遊んでいたリイチ
今まではこちらが「もしもーし」と言うと受話器を耳にあてる程度だったのに何やら喋ってる・・・
耳を澄まして聞いてみると・・・

「はろー」

え??はっ、はろー??ヾ(゚Д゚)ノ

a0080833_7225915.jpg

                  「にぃにぃ」(おえかき)が大ブーム
          ひとつ書いては「にゃーにゃ」 「わんわ」と教えてくれる天才画伯!(オヤバカバンザイ!)


そして、今日。
窓の外に向かって再び「はろー はろー」を繰り返す。
外を見るとお向かいのグランマが雪かき中。
侮る無かれ1歳児。恐るべし1歳児。
君に通訳を頼む日も遠くはなかろう・・・

ここ数日著しい成長の彼。

例えば、シールが貼れるようになった。とか
スプーン、コップが上手になった。とか
指を差して何かを伝えようとする。とか
こちらが「キレイね」と言えば「きれー」と答えていたのが、
自らきれいなイルミネーションを見て「きれー」と教えてくれたり。とか。
今まではただ闇雲にシャワー中のパパにタオルを渡していたけど
今はシャワーが止まったのを確認して「どーじょ」するとか。
身長も、足のサイズもこの1ヶ月で急に大きくなりました。

それは、いつも真正面からリイチの相手をしてくれた両親のお陰かもしれません。







夫の両親と私の母、滞在を2日だけ被らせたので、夫も1日お休みを取ってくれてみんなでナイアガラの滝方面へ。

しかし、この日極寒!
外は吹雪の悪天候;;

a0080833_11183158.jpg

冬のナイアガラは滝の一部が凍り、寒いながらも見応え十分だそうですが、それは年が明けてからの事。今回はただただ「さぶっ!」のひとことでした^^;
一通り、写真を撮り、ランチを済ませてからワイナリーが広がる街、ナイアガラオンザレイク方面へ。

この辺りは「ナイアガラワインルート」と呼ばれ、ワイナリー巡りのツアーが出ている程有名な地域。今回は時間の関係もあって1件のみ立ち寄りました。

カナダと言えば、アイスワイン!!!
普通のワインに比べかなりお高いアイスワイン。
最高の状態でブドウを凍らせて、最高の状態で収穫して・・・と手間暇かけて出来上がるワインだからこそのお値段ですが、とりあえず普通のワインを購入いたしました 笑

a0080833_11223138.jpg

            右のブドウがアイスワインに向けて「凍え待ち」のブドウたち。
                       美味しいワインになるんだぞ~



その後、前々から行きたかったオンザレイクにあるクリスマスショップへ。
色とりどりのオーナメント彩られた店内。そして、シーズン中なのに破格値!!
んもぉー オトナ買いです。
普段、20ドル(2,200円くらい)の物が3ドル(350円くらい)で買えるんですよ~
普段から物価高に悩まされてる私達にとってまたとないチャンス!
リイチを時間を忘れ、没頭してしまいました。

a0080833_11314995.jpg

            彼もリボンのオトナ買い?!・・・イヤイヤ、そんなに要りませんから!
                        リイチ釘付けだった汽車のおもちゃ。
        あまりに真剣だし、ちょうど私達からのクリスマスプレゼントを探していたところだったし、
           値下げしてるし(笑)、買おうと思ったら「じぃじが買ってあげるよ」と義父。
                それならば・・・と差し出す、遠慮のない息子夫婦 笑



a0080833_11371057.jpg

           日もとっぷり暮れて、美しい町並みにしばし寒さも忘れました。


明日は母が帰国。最後のディナーは夫オススメのブラジル料理を食べに^^
串刺しのお肉を目の前で切ってくれるシュラスコ。チキンやビーフ、ラムにポークにソーセージ。
a0080833_1141138.jpg

                      ん~ うまい!


どれも絶品だったけれど、一番のお気に入りは・・・
a0080833_11424218.jpg

パイナップルの串焼き。周りにはシナモンシュガーが降りかかっていて、中身はジューシーそのもの^^ 
リイチの熱い視線がその美味しさを物語っておりましょう。
a0080833_11451157.jpg



翌日。お昼の便で母は帰ってしまいますがその前に大都会へ。

a0080833_11555853.jpg



実は1週間前にも行ったのですが、夜景が見たくて上ろうとしたタワー。
どこかのセレブが「貸しきりパーティー」をしておりまして、上ることができなかったのです。
なので、最後にリベンジ。
お天気もよく、母も思い残す事なく旅立てたでしょう。メデタシメデタシ・・・

とも行かず、事件勃発。
このタワー、“グラスフロアー”という床がガラス張りになっていて、下が丸見えという場所があります。
高所恐怖症の方は絶対無理!という恐怖度。
何も知らないリイチがいつものように走り回り、そこの差し掛かった瞬間!
多分「危ない」と感じたのでしょう。急ブレーキをかけ、止まり切れず前にバタン。
その動きはまるでトムとジェリーのような漫画そのもの。
思わず、笑ってしまったのですが、リイチ本人は固まったまま。
起き上がることも泣く事もできず呆然。
相当ショッキングな出来事だったのだと思います。

a0080833_115518100.jpg

事件現場のグラスフロアー。この写真がいつ撮られたのか、今となっては謎なんです(??)


私達もちゃんと説明すればよかったんです。
で、手を繋いで歩いてあげれば。
冷静に考えてみたら、わかってても足がすくむほどの高さ。
そこを何も知らずに走り、挙句転んだ1歳児の恐怖はいかほどのものだったのか。

その後悔は後になって嫌というほど思い知らされるのでした。

大都会を後にし、空港へ。

a0080833_13131520.jpg

空港では「キミはこの街で一番若い警官だね」とパトロール用の車に乗せてもらったり、カートを押したりとご機嫌だったのに、なんとガラスの床が歩けない!!
a0080833_1255361.jpg


普通の床はスタスタ歩くのに、ガラス部分になると足が出ない!
スリガラスで下が見えるわけではないのに足がすくんでしまう!
義父と夫が手を繋いで、ゆっくりゆっくり慣らしていたけれど、しばらくは無理そう。
はぁ。心に傷ができていないといいけれど。

そんな中、母が出発。
久々に10日間生活して、私はリイチを預けてお友達とランチに行ったり、お茶会に行ったり身軽なオデカケができたし、リイチは四六時中相手をしてもらえてとても満足だったみたい。
母がゲートを入る為の列に並んでいるときは「ばっばーい」なんていつもの様に言っていたけど、いざ姿が見えなくなるとロープをくぐり、人をかきわけ母の元へ猛ダッシュ。
リイチなりに“何か”を感じ取ったのかな。
これから先、何度も経験する「バイバイ」
教えて覚えることではないそれぞれの感情。
リイチも色んな経験を通して、さまざまな感情を芽生えさせていくんだね。

母を見送り、その足で近くに住む義父のお友達のお宅へ。
そのご夫婦にもリイチと同じくらいのお孫さんがいるそうで、「カナダのグランパだからね」と言ってくださり、ひとりで感動。しばらくはじぃじ、ばぁばの存在を身近に感じれないリイチを少しかわいそうに思っていた矢先だっただけに余計に嬉しい言葉でした。

ロブスターが有名なお店で夕食を食べ、自宅へ。
この日まで2日間、近くのB&Bに泊まっていた両親も今日から我が家に宿泊です^^

そして夜中。久々の激しい夜泣き。原因はアレでしょうなハァ━(-д-;)━ァ...
両親が眠れないのではと心配しましたが、ようやく時差が取れ久々に熟睡できたらしく
まったく夜泣きに気付いていなかった・・・のが不思議なくらい激しい泣きっぷりでした

明けて日曜日。

 大雪(TДT|||)


この日、お昼にどうしても出掛けなくてはいけない会社の用事がありまして、なのにこの雪。
焦るカナダの冬初心者。電話をかけまくり、開催の有無を確認するも皆さん余裕の答え。
「あるやろ」 (とある関西出身者の方のお言葉を拝借 笑)

そうだよなー これくらいの雪でいちいち行事を無くしていたら何も出来ないよなー
今年の赴任者は貧弱だなって言われるよなーなどボソボソ言いながら雪かきに励む夫婦。もとい!雪かきをする親子。 そう、この日は義父がいてくれた!!
雪かきをする父と夫を家の中から眺める嫁。しかもパジャマ 笑
この日から帰国までの毎日、雪をかき、融雪剤(塩)を撒いてくれていた父。
おとうさん、ありがとうございます;;
なんとか、車が動くくらいに雪をどけ出掛ける事ができました。

a0080833_1217997.jpg

            一面の銀世界となった庭。そこで戯れる親子3世代。
       全く持って余談ですが、めちゃめちゃソックリな父と息子とそのムスコ。
        リイチの顔から「赤ちゃん」が抜けたらますますソックリになりました^^;


この後、クリスマスプレゼントを調達しにモールへ。
毎年恒例のクリスマスプレゼント交換ですが、今年からはしばらく出来ないねと言っていたところに今回の訪問。少し早いし義妹は不在だけど、晴れて行う事ができました♪

a0080833_12354351.jpg


そんなこんなであっという間に両親の帰国日に。
約2週間家族以外の人がいた家はまだかすかに人の体温が残っていて、
それは長期出張に出掛けて行った夫を見送った日の様子とそっくり。
私の母にとっては初めての海外一人旅。孫に会いたい一心で大きなトランクを持ってやってきました。
両親に至っては自分達が10年前に住んでいた場所に今度は息子家族を尋ねてくることになった旅。
状況は違えども、この地でみんなが集合するなんて誰が想像できたでしょう。

お別れは淋しいけれど、遠く離れた場所で私達が楽しく暮らせるのも両親が元気でいてくれるから。またここで会いましょう!
そして、仕事で来れなかった私の父。お留守番お疲れ様!

                        最後に・・・
a0080833_1244574.jpg

                 レモン すっぱい><のかお(≧∇≦)


◇おまけ◇
お友達サイトで紹介されていた「四字熟語サイト」
自分の名前を入れるとそれに合った熟語が作られるそうで・・・
Nana→「告訴下手」・・・(痛いトコ突かれるとシロドモドロになる私。わかる気が・・・)
リイチ→「微微美人」・・・(どう解釈すべきか?ビッビミョー^^;)

そして、わが夫!
「愛人重視」

今、笑ったあなた!
よくわかってるね 笑
って、言ってる場合じゃなーい!どういうことよ?!
[PR]
by SHAKEHANDS_2006 | 2007-12-12 07:36 | life

Nana's daily journal


by SHAKEHANDS_2006
プロフィールを見る
画像一覧