残りわずかの二人時間

臨月に入ったと思ったら早1週間が過ぎ、もう37週。
37週って正期産。“その時”がいつ来てもおかしくない時期なんですね~
こちらの方がよく言う予定日の事=“BIG DAY” 
まさに人生最大の日です。いい表現するなぁ~

a0080833_2240598.jpg



いつ出てきてもおかしくないとは言うけれど、先週の健診でドクターに思いがけないことを言われました。
「子宮底長が増えてないから、赤ちゃんが育ってないかもしれない。子宮、ウルトラサウンド(エコー)を撮って」

「赤ちゃんが育ってないって、増え続けるこの体重はなんなのよ!!」(逆ギレ?笑)と思ったし、リイチの時の子宮底長と変わらなかったから、またエコーが出来る♪くらいの軽い気持ちで受けてきました。
で、検査技師さんに言われたさらに思いがけないこと。

「1人目は何グラムで生んだ?」 「2600グラム」
「もうすでにその重さは超えてるわ~ あははは~」

え?「“あははは~”じゃないよ!」
アメリカのドクター達、触診に頼るのは止めようよ。そして、お腹のベビー、ちょっと大きくなりすぎじゃない??
何はともあれ、私もベビーも順調に成長してるようです・・・



3年前にリイチを生んでから、そのほとんどの日々を二人で過ごしてきました。
それもあと少し。そう考えると、出産の楽しみ以外になんだか少し寂しさも感じます。
今のうちに思いっきり甘えさせてあげたい、楽しませてあげたい、そんな風に思います。

・・・現実はそんな穏やかなものではありませんが・・・

a0080833_22482451.jpg

               学校が終わった後にいつもの飛行機公園へ。


a0080833_22491598.jpg

                   リイチ撮影 ① (滑走路)


a0080833_22503025.jpg

                   リイチ撮影 ② (BABY)


学校がお休みの日には前日から約束していたちょっと遠くの公園へ。

a0080833_22552581.jpg

             マンモスの骨が見つかったと言う州立公園。


a0080833_22565541.jpg

     ものすごーい暑い日だったけど、おにぎりとゆでたまごのお弁当持参。


a0080833_22574721.jpg

                   本気な姿が眩しい!! 
          何回かトライした後、「ちょっと小さいねー」だって^m^


この公園初めて行きました。場所もよくわからないかったけど、ハイウェイに乗ると看板があって、なんとかなるか~と軽い気持ちで出発。ハイウェイを使うし、ちょっと遠出の気分。実際、ハイウェイを降りても遠くて遠くて・・・ ものすごーく冒険した気分。公園で遊んでいたら、偶然お友達親子にバッタリ会って、「こんな遠いところでよく会えたねー」という私の言葉に、お友達が明らかに「????」な反応。よくよく聞いてみると、なんと家から下道で15分程。私はわざわざハイウェイに乗り、遠回りをして、その倍以上の時間をかけてました(笑)
帰り道、お友達に聞いた道順で帰ると、すぐに見慣れた光景。しかも一回曲がるだけ。・・・・また行こうね・・・


a0080833_22592610.jpg

このお腹で、この暑さで、“魔の3歳児”をひた走るリイチを連れてのおでかけは正直辛い。出先でも叱ってばっかり。そして毎回反省、で、同じことの繰り返し。あぁ~あ ごめんね、リイチよ!
[PR]
by SHAKEHANDS_2006 | 2009-06-01 22:51 | life

Nana's daily journal


by SHAKEHANDS_2006
プロフィールを見る
画像一覧