憧れのジャパン航路


「りいちねー 黄色いバス(スクールバス)に乗って日本に帰るんだよ」

そう、彼の今の憧れは日本。
ある日、夫がエスカレーターの写真を見せて「これ何?」と尋ねると

「日本に行くの」

帰国するじぃじもばぁばも飛行場でのチェックイン後、エスカレーターに乗ったからでしょうね。

a0080833_2132886.jpg


               彼にとっての“日本”はどんな所なんだろう?



我が家の帰任は来年の夏の予定。もう1年を切っています。
家族全員での一時帰国は諸事情により今年秋がラストチャンスでした。

友達に会いたい、ラーメンが食べたい、美容院へ行きたい、など色々理由を並べていますが、
もっと深い所にあるキモチは少し違います。

うまく表現できないけど、出来る限りの文章で現すと、
“日本に帰る経験とアメリカに帰る経験をしてみたい”ということ。
それと、帰任が最初の日本上陸というのが少し怖い気もするのが正直な気持ち。

“日本に帰る&アメリカに帰る”という裏にはこれまた複雑に思うところがあるのです。
日本を離れた暮らしがどんなものなのか客観的に見たい、とか
再びアメリカに戻ることで双方の暮らしの良し悪しを改めて実感したい、とか
この3年間の時間を形あるもとして感じる事が出来そう、とか。

結果、何も感じなくてもそれでいいのです。
ただ、試してみたい。今の私に必要なことのような気がするから。

そして、帰任が最初の日本上陸・・・という件。
ここでの暮らしは決して100%満足で快適ではないけれど、延長があっても構わない位の恵まれた環境です。
本当なら寂しさ半分、嬉しさ半分の帰任なのに、3年のブランクを持ったままではただただ「日本には戻りたくない」の一点張りのような気がするから。

帯同家族だけの一時帰国はいつ、どれだけしても問題はありません。
私の覚悟があればいつでも飛行機に乗れます。
一時帰国に対するこの思いは揺ぎ無いものだけど、じゃあ1人でリイチとアニカとトランク抱えて往復する?と言われると尻込み・・・ だって、近所のスーパーですらぐったり~なんですから^^;

う”~ん 贅沢な悩みなんだけど、このまま封じ込める事もできないキモチ。

a0080833_1124225.jpg

                        どうしましょうか、おふたりさん
[PR]
by SHAKEHANDS_2006 | 2009-09-22 07:15 | USA

Nana's daily journal


by SHAKEHANDS_2006
プロフィールを見る
画像一覧