カナダ心酔

                11月17日~18日

                   愛して止まない街、再び参上

a0080833_1226924.jpg

                      この写真は去年のもの
              残念ながら今回の滞在中、太陽は出ませんでした。



≪11月17日 火曜日≫
フェリーを降り、勝手知ったる国道をドライブして、ダウンタウンのホテルへ向かいました。
その前にこれまた勝手知ったる道を勘で進み、私が昔ホームステイしていた家へ。
今回はアニカも一緒。彼女との写真を撮りたいが為に向かいました 笑

a0080833_12381136.jpg

           寝てるアニカは無理やり降ろされ、疲れピークの夫はカメラマン。
                     私一人がハイテンション^^;


ダウンタウンのホテルにチェックイン後、1年数ヶ月ぶりに彼らの元へ♪

a0080833_12415823.jpg



a0080833_12421953.jpg



今回はホストファザーが仕事の為に不在。バンクーバーに出張に行っていてどうしても帰って来れなかったんだって。んー 残念;; ホストファザー抜きだったけど家族で夕ご飯。ラザニアとガーリックブレッド、シーザーサラダ、そしてデザートに手作りクッキーを用意してくれました。
「アメリカでの生活、アニカの出産と聞きたいことがたくさんあるわ」とホストマザー。いつもつたない私の英語をちゃんと理解してくれて、わかりやすい英語で喋ってくれます。我が家と同じ“兄&妹”の子供を持つ先輩ママとしてたくさんのアドバイスも。穏やかな兄とお転婆な妹、当時8歳と4歳の子供だった頃からそれは変わらず、仕切りに「兄妹でも性格はまったく違う物、正反対よ」と繰り返していました。あはは、数々のエピソードが懐かしい!
オヒサシブリのリイチとハジメマシテのアニカもすぐに馴染んで楽しい時間を過ごしました。私達ファミリーにクリスマスプレゼントまで。THE POLAR EXPRESSの絵本。毎年この時期になると必ずテレビでも放送されるお話。ちょっとスリリングで心温まるこのお話は私も大好き。ホストマザーは今でもクリスマスにこの絵本を子供達に読んで聞かせてあげるそうです。“伝統的なクリスマス”の一風景。音読CD付きの絵本だから安心して^^とホストマザー。今年から我が家も風物詩にしよう♪

3時間ほど滞在して寂しいけどお別れの時間。 またきっと会えるよね。絶対会える。その時までまたね。


≪11月18日 水曜日≫
疲れピークで少し遅めに起床。前回訪問の時も来たカフェでブランチをしました。

a0080833_136411.jpg

                   今日はフレンチトーストをオーダー。
            こんなお店、私達が住んでる周りではまず見当たりません 涙


3時のフェリーで再びシアトルへ戻る予定なので大好きなビクトリアダウンタウンもそうゆっくりはしていられず駆け足でお買い物など。ビクトリアに来たら忘れちゃいけないRogers' chocolates。パクパク食べられない甘さとお値段。チョコレート無しでは生きれない私のご褒美アイテム^^
そして忘れちゃいけないあの買い物。木っ端微塵に砕け散ったショットグラス、ビクトリアバージョンもお買い上げ~
他にはメープルシロップやバンクーバー五輪グッズなど。ラストミニッツまで駆け足ショッピング=333

アニカと一緒に再び訪れることが出来たビクトリア。かなりタイトなスケジュールだったけど来てよかった。何度訪れても飽きることはなく、そればかりか、訪れるごとにますます好きになる街。この気持ちはもう止められません。慌しくフェリー乗り場に向かう中、ひとつひとつの風景を目に焼き付けてきました。

a0080833_1328145.jpg

                     My Love Victoria


後ろ髪引かれる思いでフェリー乗り場へ。3時のフェリーでバンクーバーへ渡り、またドライブ。今晩からシアトル観光です。予め予約してある車は出航30分前にチェックインしていないと乗船できないため2時30分には到着して順番待ち。相変わらず天気が悪く空はどんよりです。

a0080833_1333781.jpg

                     同じく乗船を待つ車たち


時刻はとっくに3時を過ぎたのに一向に進まない車の列。周りの人たちも車の外に出て様子伺い?夫は案内所に聞きに行ってくれました。そしたらね、なんとなんと

悪天候のため、フェリー欠航

と言うわけで、まだまだ続くよビクトリア編。

まったく予想してなかった事態に頭の中 “?” ←こんな感じ。
2時間ごとに出るフェリーだけどこの時点で次の5時発も欠航決定。
頭の中“ ? ”状態で頑張って考える。選択肢は2つ。

①まだ欠航が決まっていない7時のフェリーまで待つ
②今晩はここに一泊して明朝出発

普段はこういう時夫がパッパッパッパーと決めてくれるのですが、この時ばかりは私の脳みそがフル回転 笑
即座に引き返し、フェリー代金を払い戻し、最寄の街Sidneyへ。無線LANの電波が拾えそうなホテルの駐車場に車を止めてまずこの日のシアトルのホテルをキャンセル。そのまま車を停めたホテルを押さえ、さらに明朝朝イチのフェリーを予約。脳みそはフル回転の私だったけど、これをすべてやってくれたのは夫 笑
この連係プレーがベストな選択とわかったのは日も沈んだ頃でした。

思わぬ形でビクトリア滞在が一日延長。けれど雨脚は強くなる一方で観光どころか車の乗り降りも大変な状態でした。何もすることないし、疲れも溜まってるし、お洗濯もしたかったので早めの夕ご飯。ビクトリアと言えばフィッシュアンドチップス。たまたま通りかかって目に入ったお店だったのですが、サックサックの美味しいお料理にめぐり合うことが出来ました。ホテルへ戻り、お洗濯。コインランドリーは25セントコインが必要な為、フロントに両替に行くと、そこには長蛇の列。みんなフェリーに乗れず足止めされた人達。25セント両替の為に30分も並んじゃいました。知らない人同士でルームシェアしたり、高いお金を出してスウィートに泊まる選択をした人も。それでも私の数人前でとうとう満室。ビクトリアのダウンタウンまで行けばホテルはたくさんありますが、足が無い人はどうしたんだろう。
フェリー欠航になってすぐに下した私の判断、予定は大幅に狂ったけど間違いなし!でした^0^v

翌朝は7時出発のフェリー。6時10分にはホテルをチェックアウトしないといけません。乾燥機で乾かなかった物は部屋に干し、思わぬハプニングで何もしてないのに疲労困憊。吹きすさぶ風と豪雨の音をBGMに深い深い眠りにつきました。


≪11月19日 木曜日≫
遠くで鳴ってるアラーム。起きなくちゃ起きなくちゃ・・・と自分と闘い目を開け、飛び込んできたデジタル表示。
5:55

昨日のフェリー欠航時よりも大きな“ ? ”

部屋の中を見回すと、全開のトランクにそこら中にかかってる洗濯物。Noooooo!!!!!
とる物もとりあえずというのはこういうことで、夫と二人とりあえず荷物を押し込み、寝てる子供達を抱え、チェックアウトして猛スピードでフェリー乗り場へ。ゲート閉鎖時間ギリギリセーフ。滑り込みセーフ。
夫はこんな中でもちゃんとスピード守るんだなぁと感心していたけど、後々冷静になって気付きました。
カナダの標識はキロ表示、アメリカの車はマイル表示。制限速度60キロを守って走ってると思っていたけど、実は60を差していたのはマイルで60マイル×1.6=96キロ!!  おまわりさん、ごめんなさい。

それにしても、車ごと乗れるフェリーでよかった。とりあえず車に詰め込めば出発OK。リイチも車でお着替え。私にいたっては船の中で洗顔、化粧。 朝ごはんも船の中で済ませました。

a0080833_14225969.jpg

               ねぇねぇ わたしまだパジャマなんだけど・・・・・


荷物も車の中もぐちゃぐちゃ。落ち着いてとりあえずカバンの中を整理していたら一枚のメモがありました。私の字で『カマボコ』

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・涙

そうだ、ホテルの冷蔵庫にカマボコを入れていたんだった。小田原で買って、家に帰ってから食べようと楽しみにしていたカマボコ。 あぁ 愛しきカマボコちゃん。 日本に帰ったらまた会おうね;;

ビクトリアを離れる寂しさと、何とか間に合った安堵感と、カマボコショックの入り混じったココロを乗せてフェリーはバンクーバーに向けて出航しました。
[PR]
by SHAKEHANDS_2006 | 2009-11-17 15:19 | trip

Nana's daily journal


by SHAKEHANDS_2006
プロフィールを見る
画像一覧